不動産の売却を依頼する際の手数料の相場っていくらぐらいなのでしょうか?

不動産売却時の手数料の相場

高値売課長

今回は不動産売却時の仲介手数料の相場についてのご質問にお答えします。

不動産売却時の手数料の相場っていくらぐらい?

不動産を売却する際の手数料の相場について教えて下さい。

以前、同じマンションに住んでいた知人によると不動産屋さんに手数料を150万円ぐらいとられたらしいのですが、あまりに高すぎる気がします。

手数料って本当にそんなに高いものなのでしょうか。

無知につけ込まれるようなことにはなりたくないので、大体の相場みたいなものがあれば教えて下さい。

下手打さん

150万円って結構、高いなあ。

回答;手数料相場は、ほぼ報酬規程通りの金額です。

不動産を売却する際の仲介手数料についてはその上限金額が国土交通省の告示する報酬規程によって定められています。

具体的には以下のように計算されることになります。

不動産の売買代金の額
200万円以下 代金額×5%
200万円超400万円以下 代金額×4%+2万円
400万円超 代金額×3%+6万円

※いずれも消費税別

不動産売却時の手数料上記の計算式で求められる金額はあくまで受け取ることができる報酬の上限金額です。

したがって、これ以下であればいくらでも構わないことになります。

しかしながら、ほとんどの不動産屋さんが上記の計算式で求められる金額を仲介手数料として請求しています。

ですので、あえて手数料の相場というものを申し上げるなら、上記の計算式で求められる金額が仲介手数料の相場ということになると思います。

ちなみにご質問者の知人の方はマンションを4400万円前後で売却されたのではないでしょうか?

もし、そうだとすると手数料はまさに報酬規程どおりで「相場程度」だったということになると思います。

下手打さん

なるほど、不動産売却時の手数料は不動産の売却価格が高くなると、それに比例して高くなる仕組みなのですね。

高値売課長

そういうことです。

不動産の価格が高くなれば高くなるほど、不動産屋さんの責任も重くなるわけですから、まあ、妥当な仕組と言えると思います。

手数料、高すぎない?

不動産売却時の手数料、高すぎない?こうして単純に金額だけを見ると仲介手数料ってあまりに高すぎる気がするかもしれません。

上記の計算式で求められる金額が上限金額に過ぎないのであれば、もっと、多くの不動産屋さんが値引きをしても良いのではと感じる方もいらっしゃることでしょう。

しかしながら私はたとえ報酬規程の上限金額で仲介手数料を請求されたとしても、それが決して高すぎるとは思いません。

なぜか?

不動産屋さんの仲介業務における責任の重さを考慮すれば、その程度の金額は妥当な範囲だと考えるからです。

不動産取引においては様々な予期せぬトラブルが生じます。

徹底的に物件の調査をしていたにもかかわらず、たった一点の見落としがあったために、取引当事者から何百万円、場合によっては何千万円という損害賠償請求を受けることだって十分、ありうるような仕事です。

(不動産というのは一つとして全く同じものはないので万全を尽くしているつもりでも一定の確率で見落としが生じることになります。)

そんなにものすごく責任の重い仕事をしているのに受け取ることができる報酬が微々たるものでは、とても割に合いませんよね。

また、仲介業務を行うには広告費や人件費、店舗賃料、車両代など、非常に多くの費用がかかっています。

それなのに仲介手数料を簡単に値引きしていては、採算が合わなくなってしまう可能性もあります。

こういった事情を考慮すれば、たとえ報酬規程の上限金額で仲介手数料を請求されたとしても決して高くはないと申し上げているわけです。

下手打さん

なるほど、こういった事情を考えれば、手数料が決して高すぎるわけではないのかも。

でも、手数料が安い不動産屋さんってあるよね。

手数料が安い不動産屋さんって、どうなの?こういうことを言うとこんな反論をされる方がいらっしゃるかもしれません。

「でも、実際に仲介手数料の割引を実施している不動産屋さんってあるよね。

それどころか仲介手数料ゼロをうたっている不動産屋さんだってある。

だったら、どこの不動産屋さんも同じように割引できるはずなんじゃないの?」

いいですか、そういう不動産屋さんのビジネスモデルをしっかりと見極めて下さい。

不動産屋さんは役所ではないので、利益が出なければやっていけないんです。

仲介手数料を思い切り値引いているのに、問題なく経営が続けられているのだとしたら、それ以外の部分で必ず利益を出しています。

そして、その利益は第三者からなどではなく、必ず、あなたから得ているはずです。

具体的な内容には触れることができませんんが中には本当に驚くほど、巧妙な手口もあります。

昔からよく言われる「タダより高いものはない。」という言葉の意味を今一度、しっかりと噛みしめて下さい。

高値売課長

不動産売却時の手数料の話に限らず、一見、得なように見えて、実際には得どころか、損をしているといったことが、世の中にはごまんとあります。

ムダなお金を使わされないためにも、一見、お得に見える商品やサービスほど冷静に利用の是非を判断されることを強くおすすめします。

不動産売却時の手数料相場についてのまとめ

・不動産売却時の手数料の相場はほぼ、国土交通省告示の報酬規程による上限金額となっている。

すなわち、不動産の売買代金額が

200万円以下の場合、代金額×5%
200万円超400万円以下の場合、代金額×4%+2万円
400万円超の場合、代金額×3%+6万円

となる。

・仲介手数料の金額は一見すると、高そうに見えるが不動産屋さんの仲介業務における責任の重さを考えれば、妥当な範囲と言える。

・仲介手数料の大きな割引がある場合には、なぜ、そのような大きな割引が可能なのかをしっかりと見極めることが必要。

「タダより高いものはない。」という言葉の意味を今一度、しっかりと噛みしめること。

高値売課長

不動産売却時の仲介手数料が高いとお感じの方は、仲介手数料を安くおさえることを考えるより、その高いと感じる仲介手数料分、不動産屋さんにしっかりと働いてもらうことを考えましょう。

その方が結果的に手元に残るお金が多くなる可能性が絶対に高いですよ!

ブログランキングに参加しています!

応援クリックよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください