マンションを売る時の仲介手数料っていくらぐらい?値切ることはできるの?

仲介手数料

今回はマンションを売る時に必要となる費用の中でもっとも金額の大きくなる仲介手数料について簡単に説明したいと思います。

仲介手数料、あなたもすぐに計算できる!

マンションを売る時の仲介手数料については国土交通省告示の報酬規程にその計算方法が定められています。

具体的な計算方法は以下のとおりです。

マンションの売買価格
200万円以下の場合 売買価格×5%
200万円超400万円以下の場合 売買価格×4%+2万円
400万円超の場合 売買価格×3%+6万円

※消費税別

一つ具体例を挙げて計算してみましょう。

マンションの売却価格が3000万円の場合の仲介手数料は以下のように計算されます。

3000万円×3%+6万円=96万円

96万円×1.08(消費税率)=103万6800円

結構、大きな金額ですよね。

なお、不動産屋さんはこの計算方法で求められた金額以上の報酬を請求も受領もすることができないとされています。

売主さんの方から進んで好意で支払いたいという申し出がある場合であってもです。

ただし、依頼者の特別の依頼によって行う広告の料金に相当する額については別途、受領することができるとされています。

たとえば売主さんから「うちのマンションだけをどーんと大きく載せたチラシを、通常のチラシとは別に入れて欲しい」という依頼に応じてチラシを入れた場合の広告料金などは、別途請求することができるということですね。

まあ、そんな売主さん、あまりいないと思いますが(笑)

仲介手数料って値切れるの?

実は上で紹介した計算方法で求められる報酬金額というのは、あくまで上限金額です。

つまり、仲介手数料は値切ろうと思えば値切ることができるということですね。

ただ、まあ、あんまり、きつく値切ることはおすすめしません。

嫌われてでもしたら売却活動で手を抜かれるようなこともないとは限りませんので。(もちろん、宅建業法に違反するようないい加減なことはしないでしょうが。)

値切るにしても、あまりしつこくならないように「ちょっとぐらい安くならないの?」とサラッと言ってみるぐらいの範囲におさめる方が得策かと思います。

ちなみにもしも仲介手数料を値切るなら、必ず媒介契約を締結するまでにしましょう。

媒介契約書には報酬に関することが記載されますし、不動産屋さんとしてもいったん、入ってくることをあてにした収入が事後的に減少することになるのは、あまりいい気がしないものだと思いますので。

仲介手数料を値切るより、マンションを高く売ることを考えよう。

マンションを売った後にできるだけ多くのお金を手元に残したいのなら、仲介手数料を値切ることを考えるより、マンションを高く売ることを考える方が賢明です。

それはそうですよね。

仲介手数料の値引きなんてうまくいっても数十万円程度のものですが、マンションの売却金額はうまくやれば何百万円もアップすることもありますので。

なお、マンションを少しでも高く売るためには、複数の不動産屋さんに査定をしてもらうことが必要です。

1社や2社の不動産屋さんの査定では、査定金額が妥当性を欠くものになってしまっても見抜くことが困難になるからです。

適切な売却価格を設定するためには、その前提として正しい査定金額を知ることが絶対に必要になってきますので、決して面倒くさがらず、必ず、複数の不動産屋さんに査定してもらうようにして下さいね。

まとめ

・仲介手数料の金額の上限は売買代金額に応じて以下の式で計算される。

200万円以下の場合 売買価格×5%
200万円超400万円以下の場合 売買価格×4%+2万円
400万円超の場合 売買価格×3%+6万円

・上記の計算式は仲介手数料の上限金額を定めるものにすぎないので値切ること自体は可能。

ただし、仲介手数料を値切ることを考えるより、マンションを少しでも高く売ることを考える方が結果的に手元に残る金額が大きくなりやすいので賢明と言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です