安全解決!不動産の売却を依頼している不動産会社を変更する方法

不動産売却を依頼している不動産会社を変更する方法

今回は不動産の売却を依頼している不動産会社を変更する方法について簡単にお話してみたいと思います。

不動産の売却が思うように進まず、不動産会社を変更することを検討されてる方は是非、参考になさってください。

媒介契約の期間が切れるタイミングを狙う

不動産の売却を依頼している不動産会社を変更する最も一般的な方法は媒介契約の期間が切れるタイミングで媒介契約を更新しないで他の不動産会社に乗り換えるという方法です。

専任媒介契約や専属専任媒介契約では媒介契約の最長期間が3ヶ月とされています。

(専任媒介契約とは不動産会社1社のみを窓口として売却を依頼する媒介契約のことです。専属専任媒介契約とは専任媒介契約に自己発見取引禁止の特約がついた媒介契約のことをいいます。)

ですので、その期間が切れるのを待って他の不動産会社に乗り換えるということですね。

一般媒介契約の場合には複数の不動産会社に売却を依頼することができますので、不動産会社を変更するまでもなく、他の不動産会社にも追加で売却を依頼することができます

なお一般媒介契約では媒介契約の期間について法律上の最長期間の定めがあるわけではありませんが、専任媒介契約や専属専任媒介契約に準じて契約期間を3カ月とすることが多いです。

ですので、その不動産会社に継続して売却を依頼したくない場合には、やはりその契約期間が切れる際に契約を更新しないこととするのが一般的です。

媒介契約の期間が切れるのを待ちたくない場合

不動産の売却を依頼している不動産会社に対して不信感を感じているなどといった理由で、媒介契約の期間が切れるのを待ちたくないと言った場合もあると思います。

そういった場合には媒介契約の解除を申し出ることも可能です。

普通の不動産会社であれば売主さんからどうしても媒介契約を解除したいと言う申し出があれば、以降のその不動産会社に対する評判等にも関わることでもありますので、渋々ながらも、その申し出を受け入れてくれるはずです。

もちろん、不動産会社の中には結構ややこしいことを言うところもありますので、そういった場合には無理に即時に解除することにこだわらず媒介契約の契約期間が切れるのを待つ方が無難だと思います。

なにしろ、ややこしいことだけには巻き込まれないように注意してください

なお、媒介契約を契約期間の途中で売主側の一方的な都合で解除する場合には、損害賠償的な意味合いで、それまでにかかった広告関連費用等を請求される可能性がないとも言えません。

このあたりのことは不動産会社の体質によって対応が異なると思いますので、不動産会社のことをしっかりと見極めながら、慎重に媒介契約の契約期間が切れるのを待つほうがいいのかどうかを検討するようにしてください。

いい加減な対応をしているような不動産会社に限って、こちらから媒介契約を解除したいと言うような話をすると、ややこしい事を言ってくる可能性が高かったりします

相手がそういった不動産会社の場合にこそ、より慎重に対応するようにしてください。

不動産会社を変更する前に検討すべきこと

売却を依頼している不動産会社を変更したいと考える理由の1つに内覧が全く入らない、もしくは非常に少ないということがあると思います。

その場合には不動産会社が適切にレインズ登録やインターネット広告などの売却活動を行ってくれていることを前提に不動産会社を変更する前に売り出し価格が果たして適切なのかを検討するべきです。

時々 、自分が欲張って相場とかけ離れた売り出し価格を設定していることが内覧が入らない原因なのに、それを売却を依頼している不動産会社のせいにしている売主さんを見かけます。

売り出し価格が高すぎるようでは、不動産会社を変えたところで内覧の数が増えることありませんので、不動産会社を変えることを考えるより前にまずは売り出し価格を適切な水準に改めることを検討するようにしてください。

不動産会社を変更する際に気をつけるべきこと

不動産会社を変更する際には、新たに売却を依頼する不動産会社を探す必要があるわけですが、その際に気をつけていただきたいのが不動産会社の選び方です。

何も考えずに不動産会社を変更しても以前と状況が全然変わらないということもありますので、慎重に不動産会社を選ぶようにしてください。

いい不動産会社を選ぶためのコツとしては、以前の売却活動の状況について詳しい説明を聞いた上で、何が問題であったのかを指摘して、具体的な解決策をできれば複数、提案してくれるような不動産会社を選ぶことです。

そういった不動産屋さんを選ぶことができれば、そう遠くないうちに不動産を売却することができるはずです。

まとめ

・売却を依頼している不動産会社を変更する方法として最も一般的なのは媒介契約の契約期間が切れるのを待って、不動産会社を変更する方法である。

・媒介契約の契約期間が切れるのを待ちたくない場合には期間の途中で解除の申し出をすることも可能である。

ただし、不動産会社によっては、少しややこしい話になることもありうるので、相手を見ながら対応を慎重に検討する必要がある。

・不動産会社を変更する際には以前の売却活動の状況について詳しい説明を聞いた上で、何が問題であったのかを指摘して、具体的な解決策をできれば複数、提案してくれるような不動産会社を選ぶ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です