不動産の売却を依頼している不動産会社を変更する方法

不動産売却を依頼している不動産会社を変更する方法

高値売課長

今回は不動産の売却を依頼している不動産会社を変更する方法について簡単にお話してみたいと思います。

不動産会社の動きが悪く、売却がうまくいかない場合には不動産会社を変更するのが一番の解決策です。

そのための方法を解説していますので、不動産会社を変更することを検討されてる方は是非、参考になさって下さいね。

売却を依頼している不動産会社を変更する2つの方法

不動産の売却を依頼している不動産会社を変更する具体的な方法としては以下の2つがあります。

1.媒介契約の期間が切れるタイミングを狙う

不動産の売却を依頼している不動産会社を変更する最も一般的な方法は媒介契約の期間が切れるタイミングで媒介契約を更新しないで他の不動産会社に乗り換えるという方法です。

専任媒介契約や専属専任媒介契約では媒介契約の最長期間が3ヶ月とされています。

(専任媒介契約とは不動産会社1社のみを窓口として売却を依頼する媒介契約のことです。

専属専任媒介契約とは専任媒介契約に自己発見取引禁止の特約がついた媒介契約のことをいいます。)

ですので、その3ヶ月の期間が切れるのを待って他の不動産会社に乗り換えるということですね。

これに対して、一般媒介契約の場合には複数の不動産会社に売却を依頼することができますので、不動産会社を変更するまでもなく、他の不動産会社にも追加で売却を依頼することができます

一般媒介契約では媒介契約の期間について法律上の最長期間の定めがあるわけではありませんが、専任媒介契約や専属専任媒介契約に準じて契約期間を3カ月とすることが多いです。

ですので、その不動産会社に継続して売却を依頼したくない場合には、やはりその3ヶ月の期間が切れるのを待って、契約を更新しないこととするのが一般的です。

2.媒介契約を解除する

不動産の売却を依頼している不動産会社に対して不信感を感じているなどといった理由で、媒介契約の期間が切れるのを待ちたくないと言った場合もあると思います。

そういった場合には媒介契約の解除を申し出ることも可能です。

普通の不動産会社であれば売主さんから、どうしても媒介契約を解除したいと言う申し出があれば、渋々ながらも、その申し出を受け入れてくれるはずです。

もしも契約解除に応じてもらえなかったら?

不動産会社の中には売主側から媒介契約の解除を申し出ているのに、色々と理由をつけて契約の解除に応じないようなところも、あります。

そういった場合には無理に媒介契約を即時に解除することにこだわらず契約期間が切れるのを待って更新しないこととするのが無難です。

そういった不動産会社を相手に無理に媒介契約を解除しようとすると、言いがかりのように何らかの費用請求をしてくる可能性もあるからです。

ややこしいことを言う不動産会社を相手に法律を楯にもめたところで売主さんにとって得なことは一つもありません。

なるべくなら、もめずに、その不動産会社と穏やかに縁を切る方法を選ぶことをおすすめします。

下手打さん

不動産会社って、やっぱり、そんなにややこしいことを言う人が多いんですか?

なんか不安になってきてしまいました。

高値売課長

いやいや、昔に比べれば、そんな不動産会社の絶対数は減ってはいるんですよ。

あくまで運悪く、そういう不動産会社にあたってしまった場合の話だと思って下さい。

下手打さん

無理矢理、契約更新させられそうになったら、どうしよう。

高値売課長

さすがに、そこまでいけば完全に違法ですので、しかるべきところ(原則的には免許権者)に申し出ればいいと思います。

不動産会社に明確な違法行為があれば、しっかりとした対応をしてくれるはずです。

不動産会社を変更する前に検討すべきこと

売却を依頼している不動産会社を変更したいと考える理由の1つに内覧が全く入らない、もしくは非常に少ないということがあると思います。

その場合には、不動産会社を変更する前にまず、最初に検討してみるべきことがあります。

それは、不動産の売出し価格の設定が果たして適切なのか、どうかということです。

不動産の売出し価格の設定が適切でなければ、どんなに不動産会社が頑張ってくれていても、売却活動がうまくいくはずがないからです。

時々 、自分が欲張って相場とかけ離れた売出し価格を設定していることが原因で内覧が入らないだけなのに、それを売却を依頼している不動産会社のせいにしている売主さんを見かけます。

これでは不動産会社もたまったものではありませんよね。

当然のことながら、売出し価格が高すぎるままでは、不動産会社を変えたところで内覧の数が増えたりすることはありません。

ですので、不動産会社を変えることを考えるより前にまずは不動産の売出し価格が適切な水準に設定されているかを確認するようにして下さいね。

高値売課長

不動産の売出し価格の適切な設定方法については以下の記事を参考にして下さい。

この方法にしたがって売出し価格を設定して頂ければ、非常に高い確率で売主さんにとって満足のいく結果となるはずですので。

これで安心!マンション売値の正しい決め方

不動産会社を変更する際に気をつけるべきこと

不動産会社を変更する際には、新たに売却を依頼する不動産会社を探す必要があるわけですが、その際に気をつけて頂きたいのが不動産会社の選び方です。

何も考えずに不動産会社を変更すると以前と状況が全然、変わらないということにもなりかねませんので、新しい不動産会社選びは本当に慎重に行うようにして下さい。

いい不動産会社を選ぶためのポイントは、色々と考えられますが、ここでは絶対に外してはいけないポイントを一つだけ。

それは売主本位の提案をしてくれる誠実な不動産会社であるということです。

不動産会社の中には自社の利益を重視するあまり、ついつい売主利益をないがしろにしてしまうようなところが決して少なくありません。

そんな不動産会社に任せていては不動産の売却がうまくいくはずがありませんよね。

ですので不動産の売却を成功させたいのなら、このポイントだけは絶対に外さないようにして下さい。

売主本位の提案をしてくれる誠実な不動産会社に不動産の売却を任せることができれば、その時点で半分、不動産の売却が成功したも同然ですよ。

下手打さん

売主本位の提案をしてくれる誠実な不動産会社であるか、どうかは、どうやって見極めればいいんでしょうか?

私、あまり人を見る目に自信がないんですが。

高値売課長

一つの方法として挙げられるのが、説明を聞いていて、わからないことがあったら、しつこいくらいに質問してみることです。

売主本位の提案をしてくれる誠実な不動産会社の営業マンなら、嫌な顔をせず、あなたがちゃんと理解できたことを確認できるまで説明してくれるはずです。

逆にそれを面倒臭がるような態度が見てとれるなら、大切な不動産の売却を任せるには値しない不動産会社であると判断して下さい。

まとめ

・売却を依頼している不動産会社を変更する方法として最も一般的なのは媒介契約の契約期間が切れるのを待って、不動産会社を変更する方法である。

・媒介契約の契約期間が切れるのを待ちたくない場合には期間の途中で契約解除の申し出をすることも可能である。

ただし、不動産会社によっては、素直に契約の解除に応じてくれないこともありうるので、その場合にはあまり無理をせず、媒介契約の契約期間が切れるのを待つ方が無難である。

・不動産会社を変更する際には売主本位の提案をしてくれる誠実な不動産会社を選ぶこと。

これができれば、その時点で不動産の売却はほぼ、成功したも同然である。

高値売課長

不動産の売却がうまくいくかどうかは、不動産の売却を任せる不動産会社の質によるところが大きいです。

ですので、せっかく不動産会社を変更するのであれば、売主本位の提案をしてくれる誠実な不動産会社を選んで売却を任せるようにして下さいね。

ブログランキングに参加しています!

応援クリックよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください