解決!マンション売却時の内覧に人が来ない時の対処法

マンションに内覧が来ない

マンションを売りに出したものの購入希望者が全く内覧に来ないということがあります。

買い替えなどの事情から売却の期限が決まっている場合には、ものすごくあせりますよね。

そこで今回は、マンションを売りに出したものの購入希望者が全く内覧に来ないという場合にとるべき対処法をお伝えしたいと思います。

レインズ登録がなされているか確認してみる。

売却の依頼をした不動産屋さんが両手仲介にこだわるあまり、レインズ登録をしてくれていないということがありえます。

レインズ登録がされていなければ、売却の依頼をした不動産屋さんの直接のお客さんにしか物件情報が行きわたっていないことになりますので、内覧が入らないのも当然のことです。

まずは不動産屋さんに速やかにレインズ登録をしてもらえるようにお願いしましょう。

なお、レインズ登録って何?という方は、こちらのページを参照してください。

マンション高額売却の秘訣!レインズ登録を確実にさせる方法

レインズ登録の意味はもちろんのこと、その必要性やレインズ登録をしてもらえない場合の対処法まで具体的に解説しています。

※補足 内覧が入らない場合に売却を依頼している不動産屋さんに「チラシやネットでもっと、広告をしてくれ。」とお願いする売主さんがいますが、残念ながら、その効果は限定的です。

(レインズに登録されていない物件については、他の不動産屋さんは紹介できないため、物件の悪いところを無理に指摘してでも、他の物件に振替ようとするため)

ですので、なにしろちゃんとレインズ登録をさせることを最優先で考えるようにして下さい。

売出し価格を見直してみる

マンションの売出し価格が相場価格とかけ離れていると内覧どころから、検討さえしてもらえないことになってしまいます。

今は一般の方でもインターネットを通じて相場価格の情報などを簡単に入手することができるため、相場とかけはなれた高値で売却できるなんてラッキーはまず起こらないのです。

売出し価格が高すぎるために、売れない状態が長く続くと、他の不動産屋さんや物件を探している見込み客に「売れ残っている物件」として認知され、相場価格ですら売却することが難しくなっていきます。

(物件を探しているお客さんの立場に立って考えれば、長い間、売れていない物件については何か問題があるのでは?と疑ってしまいたくなりますよね。)

そういう事態を避けるためにも、内覧がなかなか入らない場合には、速やかに売り出し価格を引き下げることを検討するようにして下さい。

なお、売り出し価格を見直す際には、なるべく、通常の価格交渉の範囲を超える値下げを行うようにして下さい

たとえば売り出し価格が2980万円のマンションであれば2880万円ではなく、2780万円まで値下げする方がいいということです。

2800万円ぐらいなら購入を検討してもよいと考える、お客さんは2980万円のままでも価格交渉をすることを前提に内覧に来ますから。

200万円もの値下げは抵抗があるかもしれませんが、いつまでも売れ残るよりはずっとマシだと考え、早めに価格変更されることを強くおすすめします。

売出し価格の引き下げが難しい場合はどうする?

マンションの売出し価格が高すぎることはわかっているけれど、住宅ローンの残債や買い替え後の予算の都合で、価格の変更が難しい場合があると思います。

その場合に、一度、検討してみる価値があるのが、買い主側の不動産屋さんに対する広告料等の支払いです。

いやらしい話になりますが広告料がもらえるのであれば、相場より高いことがわかっている物件でも積極的に紹介してしまうのが不動産屋さんの営業マンの習性です。

不動産屋さんの営業マンは何らかの歩合を含む給与体系の下で働いているのが一般的ですので。

もちろん、これをやったからといって、確実に内覧が入るわけではありませんが、一応は試してみる価値のある方法だと思います。

 

以上がマンションを売りに出したものの購入希望者が全く内覧に来ないという場合にとるべき対処法になります。

ある程度の需要のあるマンションであれば、これらの方法の全てを実践しても内覧が一件もないということはまずありえないと思いますので是非、実践してみて下さいね。

必ず、そう遠くないうちに内覧が入るはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です