マンションの売却・買取を成功させるコツとは?

マンションの買取

今回はマンションの売却方法の一つである「買取」を成功させるためのコツについてお話ししてみたいと思います。

買取を検討されている方は後になって、「めちゃくちゃな安値で売ってしまった!」と後悔することがないようにしっかりとお読みになって下さいね。

そもそも買取って何なのか?

買取とは不動産屋さんが売買契約の買主となって不動産をまさに買い取ることをいいます。

不動産屋さん自身が売買契約の当事者となる点において、不動産屋さんが売主と買主の間を取り持つだけの仲介(こちらの方が一般的です)とは大きく異なります。

買取の圧倒的なデメリット

買取の仲介と比べた場合の売主にとっての最も大きなデメリットは売却価格がかなり安くなってしまうことです。

一般的には2割程度、場合によっては4割から5割程度安くなってしまうものと考えてください。

買取を検討すべきなのはこんな場合

上記のようなデメリットがあるにもかかわらず、買取を利用することを検討すべき場合としては以下のようなものがあります。

1.なにしろ早く売りたい

何らかの事情でマンションを1日でも早く売って現金化したいという場合です。

買取の場合、仲介と違って早ければ1週間、長くても2、3週間程度でマンションを現金化してしまうことが可能です。

2.マンションを売ることを人に知られたくない

仲介でマンションを売ろうとする場合には、どうしてもレインズ登録をしたり、インターネット広告をしたりすることになりますので周囲の人にマンションを売りに出していることを知られてしまうことになります。

その点、買取があればレインズ登録をしたり、インターネット広告をしたりする必要がありませんので誰にも知られずにマンションをこっそり売却ししまうことができます。

そういった意味では離婚等の事情でマンションを売却する場合で人にいろいろと詮索されたくない場合には、非常に良い方法といえます。

3.煩わしい思いをしたくない

マンションを仲介で売ろうとする場合には、どうしても一般の方の内覧を何回かは受け入れる必要があります。

また、内覧を受け入れようと思えば、その都度、部屋をきれいに掃除したりする必要があります。

その点、買取であれば不動産屋さんに一度、マンションを内覧させるだけですみ、また、一般の方に内覧してもらう場合と違って部屋の中をそれほどきれいに掃除する必要もありません。

そういった意味ではマンションの売却に際して煩わしい思いをしたくないという人にとっても理想的な方法であるといえます。

買取を成功させるための2ステップ

では、以上のようなことを踏まえて仲介ではなく、買取を選択する場合に、その買取を成功させるために踏むべき2つのステップをご紹介していきたいと思います。

1.通常の相場価格を知る

まずはそのマンションの通常の相場価格を把握しましょう。

通常の相場価格を把握しないと不動産屋さんの提示した買取価格の妥当性を判断することができないからです。

マンションの通常の相場価格は、インターネットで調べればすぐに大体のことはわかるでしょう。

より正確に相場価格を知りたければ、仲介業者さんの査定を受けてみるというのも1つの手です。

2.複数の不動産屋さんに査定してもらう

通常の相場価格を把握することができたら、いよいよ、買取業者さんに査定を依頼します。

この査定については可能であれば複数の不動産屋さんに査定してもらうのが良いでしょう。

買取査定をしてくれる、それぞれの不動産屋さんに他の不動産屋さんにも査定をお願いしていることを伝え、各不動産屋さんごとになるべく高い査定金額を引き出せるように努力してください。

ちなみに買取業者さんの提示する買取査定金額は買取のための資金が自己資金か、金融機関からの借入かによって結構、異なってくるといわれています。

金融機関からの借入の場合、転売するのに時間がかかってしまうと金利負担が重くなるからです。

そういった意味では自己資金で買取をしてくれる買取業者さんの方が一般論として査定金額が高くなるものと考えられます。

まとめ

・買取とはマンションの売却方法の一つで不動産屋さんが買主となり、直接、買い取ること

・買取には売却価格が非常に安くなるという大きなデメリットがある反面、早く、秘密で、煩わしい思いをしないで売却できるというメリットもある。

・買取を成功させるためには(あまりに安く買いたたかれないためには)

1.通常の相場価格を知る

2.複数の不動産屋さんに査定してもらう

という2つのステップをしっかりと踏むことが必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください