マンションを売る際、壁紙はどうするべき?注意点は?

マンションを売る際の壁紙

今回はマンションを売る際に壁紙をどうするべきかということについて、お話ししたいと思います。

壁紙のリフォームの必要性や、壁紙リフォームを行う場合の注意点などについて解説していきますので、壁紙リフォームを行うことを検討されている方は是非、参考になさって下さい。

マンションを売る際、壁紙をリフォームする必要はあるのか?

原則的にマンションを売る際に壁紙をリフォームする必要はありません。

これは中古マンションの売買では現状有姿での引渡しを原則とするためです。

ただし、これはあくまで売主に壁紙をリフォームする法律的な責任がないというだけの話です。

たとえば室内でタバコを吸っていたなどといった事情で壁紙が非常に汚れている場合には、そのままでは物件の印象が悪くなって、購入申し込みが全く入らなかったり、購入申し込みがあっても、非常にきつい価格交渉をされたりすることにもなりかねませんので、状況に応じて壁紙のリフォームを検討する方が良いでしょう。

なお、壁紙の汚れ具合(壁紙への臭いの沁みつき具合も)というのは、普段からそこで生活している当人たちでは気づきにくいことが多いです。

ですので、なるべく第三者から忌憚のない意見をもらうなどして客観的に判断するようにして下さい。

壁紙をリフォームする場合の注意点

マンションを売る際に壁紙をリフォームする場合の注意点としては、以下の3点が挙げられます。

注意点1 なるべく費用を抑える

マンションを売却する際に壁紙をリフォームする目的は、あくまで壁紙をきれいにすることによって、物件のイメージを良くすることにあります。

その目的を果たせるなら、価格の安い壁紙でも十分ですので、ムダにお金をかけ過ぎないようにしましょう。

※マンションのグレードは考慮して下さい。

ハイグレードマンションで、あまりに安物の壁紙に張り替えてしまうと、違和感が大きくなってしまいます。

注意点2 シンプルな壁紙を選ぶ

壁紙をリフォームする場合には、好き嫌いがわかれないようなシンプルなデザインの壁紙を選ぶようにして下さい。

自分が満足するためのリフォームではないことを、くれぐれも忘れないようにすべきです。

注意点3 基本、一室単位で全面張替え

同室内で壁紙を張り替えた部分と張替えていない部分があると、張り替えていない部分の汚れが協調されたり、ちぐはぐな印象になってしまったりします。

そのようなことが起こらないよう、壁紙をリフォームする場合には、なるべく一室単位で全面張替えをするようにしましょう。

高値売課長

壁紙をリフォームする際には、必ず2社以上から、相見積もりをとるようにして下さい。

相見積もりにして、そのことをリフォーム業者に伝えるだけで、少なくとも1割、うまくすれば3割以上もリフォーム価格が安くなりますので。

壁紙リフォームの相場は?

壁紙リフォームの相場は壁紙のグレードにもよりますが、大体、1㎡あたり、1000円から1500円程度です。

探せばもっと、安い価格で壁紙のリフォームをしてくれるリフォーム会社もあると思いますが、あまり安いリフォーム業者に依頼すると、頻繁に壁紙をリフォームすることを前提とする賃貸マンションなどで用いられるような壁紙を使われたり、雑な工事をされたりする可能性もないとは言えません。

あまりに安さを求めて、マンションの印象を悪くしてしまわないように注意が必要です。

下手打さん

なるほど、あまりに安いリフォーム会社に頼むのも考えものだということですね。

高値売課長

ですね。

もちろん、安いに越したことはないですが、程度は考えるべきだということです。

壁紙を自分で交換することはできる?

なるべく費用をかけずに壁紙をリフォームするとなると、自分で壁紙を交換することを考える人がいらっしゃるかもしれませんね。

壁紙の交換リフォームは素人の方でもできないことはないです。

こんなに詳しく壁紙の張り替え方を教えてくれている動画もあったりしますので、こういったものを参考にすれば、器用な方なら、自分でもできるかもしれません。

ただ、個人的にはあまりおすすめしません。

やはり、素人がリフォームしたのでは、仕上がりが微妙になりますし、リフォームに必要な道具などを一から揃えるとなると、かえって費用がかかることになりかねないからです。

基本的には自分でリフォームすることはあきらめて、リフォーム会社などのプロに依頼することを、おすすめします。

まとめ

・マンションを売る際、壁紙が汚れていたとしても売主にリフォームする義務があるわけではない。

ただし、壁紙の汚れ方が酷いと売却活動に影響が出る可能性もあるので、その場合には壁紙をリフォームする方がよい。

・マンションを売る際に壁紙をリフォームする場合の注意点は以下の3点

1. なるべく費用を抑える

2. シンプルな壁紙を選ぶ

3. 基本、一室単位で全面張替え

・壁紙をリフォームする場合の費用相場は1㎡あたり1000円から1500円程度。

あまりに安いと壁紙の品質などに問題が生じることもあるので、安さの程度は考えること

・壁紙は自分でリフォームすることもできるが、基本的にはプロに任せるべき。

リフォームに必要な道具などを買いそろえると結局、プロに任せるより割高になるし、リフォームの仕上がりにも問題が生じる可能性がたかい。

高値売課長

壁紙のリフォームは、どんな場合にでもやった方がいいわけではありません。

リフォームすることによって、その費用分以上に、マンションが高く売れる可能性が高いと明確に判断できる場合にだけ実施するようにして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください